私のくるくるドライヤー体験

私は以前、くるくるドライヤーを毎日使っていました。
くるくるドライヤーの櫛を使いながら、髪をブローすると、髪の毛がサラサラになり、艶が出てきます。
温風で乾かした後に、冷風で乾かすと、もっと髪の毛がサラサラになると聞いたので、毎日温風と冷風を切り替えて、つかっていました。

 

確かに、髪の毛がサラサラになりました。

 

前髪のくせ毛も、熱でストレートになるので、髪をブローするのに、良かったです。ただ、お風呂上がりに髪を乾かす時は、くるくるドライヤーの風量では、乾きにくい所が、使いにくかったですね。
髪を乾かす時は、櫛を付けたままだと、乾きにくいので、櫛を外して、髪にドライヤーを近づけながら乾かします。近づけすぎると、ドライヤーの中に、髪の毛が入ってしまって、焦げ臭い臭いがする時がありました。
髪を乾かすと、水滴がドライヤーの中に入ってしまうので、パチパチと音がして青色の光が見えた時もあり、使っていると櫛に髪の毛が絡まってくるので、掃除も大変でした。

 

なので、掃除をしないと、焦げ臭い臭いがしてきます。

毎日使っていたので購入して2年位で、ドライヤーとコードのつなぎ目が切れて、危なくて使えなくなりました。

今までに何回も、買い替えています。

以前のくるくるドライヤーと比べて、風量も強く、髪の毛が乾くまでの時間が早いし、温風だけで乾かすので、髪も痛みません。髪が乾くまでの時間が早いという事は、電気代も安く済みます。

ヘアードライヤーを使ってみましたが、くるくるドライヤーと比べて、持ちも良いです。

くるくるドライヤーは、手を動かしながら、使用するので、コードが曲がり、すぐに切れてしまいます。ヘアードライヤーは、風だけで乾かすので、手をあまり動かさない為、コードが曲がらないので、切れにくいです。

そんなヘアドライヤーも家電量販店でおすすめされたくるくるドライヤーのEH-KN95-RPを紹介されてからはまったく使っていません。これを使ってからは髪もサラサラになるし、スタイリングもすごくいい感じになるんです。

なので今は、ヘアードライヤーでなくEH-KN95-RPを毎日使っています。

櫛が無くても、髪の毛に艶も出てきました。

温活で食事を変えたら基礎代謝も上がってきて思わぬ結果に♪

私は25歳ぐらいから37歳くらいまで、いつも体の冷えを感じていました。若いころはほんと菓子が好きで、お昼にお菓子と牛乳といった感じの変な食事が当たり前でした。また、そんな食事をしていてもまったくなんとも思っていませんでした。

でも、28歳くらいから常に冷えを感じるようになってきていつも寒さを感じていました、なので貧血になったりしたこともありました。そんなことがあってからいままでの偏食を見直すことに決めました。それからは朝からお菓子だったのを、パンと卵やサラダの量を多めに、ホットにした豆乳も飲むようになりました。

それからはお昼はだいたいあったかいものを食べることを心がけて、蕎麦などを食べるときはマイタケの天ぷらをのせたり、山芋をすりおろしたりとなにか一つ工夫を付けることにしていましたね。お蕎麦とか温かいものを食べた後はすぐ体が温まってきている感じがしていました。また、生姜もより体を温めてくるということで積極的に取り入れることにしました。ほんとちょっとだけでも生姜を足すことで身体が温まるのでオススメですよ。

それまで変色だったためか体力も落ちていたので、晩御飯はお魚やお肉を取り入れるように心がけました。ねぎとろと鶏の唐揚げ少々とか、スモークサーモンと肉野菜炒めとか、お魚とお肉を両方なるべくとれるようにして、栄養のバランスも考えてキャベツなどの野菜サラダも欠かさないようにしました。

こんな生活をおくるようになってきて1年が経った頃にはあれほど冷え切っていた身体が寒さをあまり感じなくなり、それから手や足などの冷えもだいぶ解消されました。温活をおこなったことが良かったのか基礎代謝が上がってきたのか普通の生活をしていても以前より太らなくなったような気がします。

 

女性は、年齢を重ねると徐々に代謝が減ってきて太りやすくなると教わったので、それではいけないと温活をした効果が出てきたのではないかと思っています。ほんとこうやってダイエット効果でも出てくれると頑張ったかいがあったなーってほんと思います。
このままの体型が維持できるようにずっと温活を続けて良ければなと思っています♪