内ももを鍛えてダイエット!ワイドスクワットが効果的?

すらりと引き締まった美しい足のラインを目指している女性はたくさんいます。

女性の中には、特に足を細くしたいからという理由でダイエットを行うような人もいます。

足のダイエットをする時に一番効果が期待できる部分で言えば内ももです。

着替えの時に、太ももにたっぷりと脂肪がついているように見えて、ダイエットで引き締めたいと思う方もいると思います。

内ももを細くしたいと考えているなら、ダイエットをしてはどうでしょう。

スリムな内ももになって、夏の海で遊びたいなんて思っているならぜひやってみたいくださいね。

足を引き締めたいと感じている人に、向いているダイエットの手法がいくつかご紹介しますね。

脂肪分がたくさん内もものついていると、その分太っているように見えてしまいます。

内ももをダイエットして隙間を作るには、大腿部にある内転筋を意識したダイエットが効果的だといわれています。

その筋肉を鍛えることによって引き締まり綺麗な足になるのです。

では、どのようにするかというとワイドスクワットというやり方を行います。

ワイドスクワットというやり方はこちら

①両足を肩幅の1.5~2倍程度に開きます。
②膝とつま先を外側に向けます。左右とも45度開くとやりやすいです。
③両手を頭の後ろや、前に伸ばすなどバランスをとり、太ももが床と平行になるまで体を降ろしていきます。
④膝を伸ばして体を起こします。
⑤③~④を繰り返します。

参照:https://toremy.jp/topic/161

年をとると、徐々に筋肉は弱っていきますので、筋力を維持するためにも、筋トレをしておくことが大事になります。

ぜひ試してみてくださいね。

他人の秘密を話してしまう癖がある人たち

とあるニュース記事で、他人の秘密やプライベートなこと、個人情報などと関係していることをべらべら喋ってしまう人たちについて書いてありました。

名前や会社名、住んでいる場所などは特定されないように色々と伏せてはいるものの、流れに任せて話していたらつい話してしまったり、或いはもう個人がほぼ特定されてしまうぐらい色々と特定の人のことを話してしまったりなど、そういった癖がある人が少なからずいるようです。

これは誰でも多少は持っている傾向です。

話を盛りあげないと、沈黙をどうにかしないと、そういった気持ちで焦ってしまい、つい他人のゴシップを提供してしまう、そういったパターンはよくあるそうです。

自身もそういった経験がありますし、後から後悔してしまった、なんていうことも何度もあります。

対策についてはあまり記事では触れていませんでしたが、とにかくそういったことをしそうな人は早めに見抜き、そういった人たちには自分のプライベートのことをやたらと話しすぎないようにすること、それが無難な対策なようです。

私の場合は人の性質を見抜くのがそこまで早くないので気づいたらもう遅かった、なんていうことがあったりします。

十分に注意をして、仲良くなるまでは必要な範囲での距離で付き合うのが無難かもしれませんね。

「サザエさんじゃんけん研究所」があるみたい(笑)

サザエさんを見ているとアニメの最後にサザエさんがじゃんけんがあります。

私も何度か挑戦したことがありますが、勝ったり負けたりいろいろです。 勝つと少しテンションが上がります。

そんなじゃんけんですが、先日ネットサーフィンをしていたら世の中にはそのじゃんけんを研究している人がいるようです。

「サザエさんじゃんけん研究所」というのがあることを知り、いろいろなマニアがいるものだと思いました。

勝率は8割を超えているということなので、やはり凄い確率です。
番組制作の方であらかじめ、じゃんけんの何を出すかは決めていると思います。

しかし、グー、チョキ、パーのそれぞれを出す頻度が同じくらいなのかどうかは分かりません。
ランダムに出ているとしたら、やはりその傾向を掴むためには統計が必要だと思います。

世の中にはいろいろな人がいますが、じゃんけんのためにサザエさんを毎週観ているのか、もしくはじゃんけんだけを観ているのか分かりません。

どちらにしても、サザエさんのじゃんけんは初めからあったわけではなく、途中から出てきたはずです。

確かその前までは、サザエさんが焼き芋的なものを食べて、喉を詰まらせるというパターンの繰り返しだったように記憶しています。

これはこれでサザエさんらしかったのですが、今のじゃんけんスタイルの方が、視聴者も参加でき、しかもプレゼントを貰えるかもしれないという楽しみも増えました。

サザエさんじゃんけんだけで多くの方がこんなに楽しんでいるとは思いませんでした(笑)

ダイエット効果のある季節について

ダイエットと季節の関係をあまり意識する人はいませんが、ダイエット効果が期待できる季節はあるようです。

秋から冬にかけてのシーズンは、ダイエットの効果が得やすい季節だといわれているようで、秋は実りの秋とも言われていますが、秋は食べどきになる食物が多く、食欲が刺激されてしまいます。

そんな時期ですが、一年で最も代謝がいい季節とされているのが、秋から冬にかけてだそうです。そのため、ダイエットをするなら冬から春がいいと言われています。

まさしく今の時期ですね。

同じ運動をする場合でも、代謝の高い状態で体を動かしたほうがエネルギーが燃えやすくなるのでダイエットには有効です。

人は恒温動物です、外気温が変動しても、体は一定の温度を保とうとする働きを持っています。

ダイエットをする時には、この体温を保とうとする機能を上手に活かすことで効率的にダイエットをすることができるようです。

秋から冬にかけては気温が下がっていますので、夏よりもたくさんのエネルギーを作り出さないと体温はキープできません。体の中に蓄積されているカロリーを必要に応じて多めに燃やすことで、寒い日でも体温が下がらないようにします。

寒い時に代謝が活発になるのは、人の機能としては当たり前のことで、体温を保つために、カロリーを燃やさなければいけません。そのためにエネルギーが必要で、脂肪も蓄えられやすい季節なのだそうです。

秋から冬の間のダイエットは、やせるという直接的な効果以外にも、冬の間の無駄な脂肪の蓄積を防いで、太らないようにするという効果もあるようですね。

このお正月においしいものを食べ過ぎたせいで4キロ太ってしまったので、ちょうどダイエットをしたいなと思っていました、そんな時にある雑誌で読んで効率的に痩せれるのであればやってみたいなーと思っています。

沖縄にいる友人と話をして頑張らなくてはと思った。

今日は、バレー女子のブラジルとの試合すごく惜しかったですね。

沖縄の友人と電話で話をしていていろいろと参考になりました。

 

プログラミングは、C言語、Java,HTML,CSSにPHPを学んだそうで、それらを学んで一番良かったことは、会社のエクセルでのマクロやVBAを簡単に操作できるようになったことらしいです。プログラミングの基礎ができていたので、マクロやVBAで単純な作業をするのには、全く苦労せずに会社のシステムで1時間かかる作業を一瞬で終わるようなプログラミングを組むことができたそうです。それまでの作業が一瞬で終えることができたので、本当にプログラミングを学んで良かったと思ったそうです。

まず、C言語は、実際に使えるものとしては少ないですが、プログラミングの構造を理解するのには良かったなと、Javaは、アプリを作るのに役に立ち、C言語を学んでいたので、スムーズに使うことができみたいです。

それを学んだおかげて星座占いに関するアプリを作って自分で販売することもできたそうです。

プログラミングを学んでいると、ゼロのところからあるものを作り出していくという楽しさを味わうことができ、全くの白紙から創造的に何かを作り、しかも自由に作ることができるというのはプログラミングぐらいなのではないかと言っていました。

プログラミングをしていく上で、物事を論理だてて作業していくということが身に付き、仕事上でもプログラミングで培った論理力が生きていると言っていました。エラーが起きたときなどにも順序立てて作業することができるようになったそうです。それも、プログラミングを学んだことによるものみたいですね。

また、副業として、アフィリエイトをしていてアフィリエイトのサイトも自分で作ることができ、HTMLやCSSを学んだので、品質の良いアフィリエイトサイトを作ることができ、収入も作ることができているそうです。

沖縄のプログラミング教室を学んで得られたことは、このように沢山あったそうですね。

そんな話を聞いているたら私も頑張らなくてはなんて思いました。

土曜日の郵便配達が無くなる?

総務省が郵便配達を月~金曜日だけにして、土曜日の配達を取り止めることを検討しているようです。
私はこのニュースを新聞で読んだ時に、すでに本決まりになったのかと思いました。

いずれにしても、もしこのように決まったとしても、特に問題はないような気がします。
月曜日の郵便物は増えますが、急ぎの場合は速達便があるので、それで対応すれば良いと思います。

郵便配達を行う人材不足が原因のようで、最近は宅配便を配達する人も人材不足になっていて、配達業はかなり大変なようですね。

非正規雇用の郵便配達員を募集する紙が時々ポストに入っていることがあり、かなり人手不足なのだろうと察していましたが、土曜配達を無くすのは良い方法かもしれません。

人材不足は業界によっても違うと思いますが、やはりこれも少子化の影響なのでしょうか。

高齢者でも元気で働ける人たちを雇用して、配達の仕事をやってもらうわけにはいかないものかと少し考えてしまいました。
しかし、高齢者のドライバーは危険も伴うので、それも難しいのだと思います。

キツい仕事だから人材が集まらないのか、それともそもそも働ける人口が減ってきているのかどうかは分かりません。
いろいろな行がいで人材不足が出てくると、好条件でないと人が集まらないという売り手市場になってしまいます。

その割にはあまり景気が回復している兆しも見られないような気がします。

郵便配達は今後どうなっていくのかわかりませんが、郵便局もいろいろと大変なのだと改めて思いました。

高校野球秋田県立金足農業高等学校惜しかったですね。

今日、第100回大会高校野球決勝戦でしたね。

大阪桐蔭高校×秋田県立金足農業高等学校の試合、大阪桐蔭高校が実力の差を見せつけ13×2で圧勝をしました。

結果はともかく、秋田では103年ぶりの決勝、東北では初の優勝旗とさまざまな期待を背負いながらも頑張っている姿にぐっときてしまいました。

私も例年はあまり高校野球に興味がないのですが、

秋田県立金足農業高等学校の吉田投手がかっこよくてついつい応援してしまいました。

地区予選からずっと吉田投手が投げきて、しかも昨日も150球以上を投げている状態でほんとに疲労困憊だったのでしょうね。

それでも、エースとして先発してやはりいつもの感じとはことなり疲れが出ているようで

大阪桐蔭高校打線に捕まってしまい、あえなく降板になってしまいましたね。

秋田県立金足農業高等学校の吉田投手が万全の状態であれば違った展開になっていたかもしれませんね。

高校野球はこういったストーリーがあるから魅了されるのですが、はやり選手の体のことを考えるともう少しルールを考え直さないと行けないかもしれませんね。

いずれにしても、負けてしまったけど今日も吉田投手かっこ良かったですね。

感動をありがとうございました。

日本のエーゲ海兵庫県赤穂市

先日、友人宅に遊びに行ってきました。

大学の友人なのですが結婚をしたということで遊びに行くことになりました。

かなり遠出でしたが、良い思い出ができました(笑)

兵庫県赤穂市という町をご存知ですか?兵庫県と岡山県の県境にある、海と山に囲まれた町です。

もし歴史に詳しければ、忠臣蔵という言葉を聞いたことがあるかもしれません。江戸時代、塩田で栄えた町だそうです。

資料館に行くと当時の方法で塩を作ることができ、なかなか体験をすることができない体験をすることができます。

そんな赤穂市は今でも塩づくりが盛んなようで、塩見まんじゅうが有名だそうです。あんこの饅頭を、塩気のある生地で覆った塩見まんじゅうは、他では食べれない一品です。

数か所、お饅頭屋さんがあり、店それぞれで違った味、食感の塩見まんじゅうを作ってそうで、食べ歩きをすると面白いかもしれませんね。

 

イタリアのナポリで修業し、ピザ大会で一位をとったことがある、関西圏で有名なイタリアンレストランがあり、夜の食事はそこを目的に行ってきました。

店内からは、日本のエーゲ海とも呼ばれている、瀬戸内のきれいな景色を眺めることができ、本場イタリアナポリから食材を輸入するほど、こだわったイタリアン料理。個人的には、ピザがおすすめで、店内にある大きな土間で焼かれたピザは、クリスピーだけど、もちもちした生地で、すごく美味しかったです。

1泊旅行でしたがほんとに楽しかったです。

名古屋市緑区にある自然薯とろろ御膳華花

久しぶりに緑区に住んでいる友人に会ってきました。せっかくなのでおいしいご飯が食べたいなってことになって緑区横吹町にある自然薯とろろ御膳華花に行ってきました。

友人も最近できて行ったことがなくて気になっていたということで決まりました。

まだ17時30分だったのですが、行ってみると車がもう数台停まっています。空いているスペースに車を停めて店内に入るともう満席でした。

土曜日ということもあるのですが、こんなに早い時間にもかかわらず待つことに。

1組だけでしたのですぐに個室に案内してもらいました。

自然薯のさしみやなんにいろいろとあったけど椿御膳1580円をいただきました。

ちょっと期待したのですが、んー普通。

とろろご飯も正直そんな感じかなと‥普通に美味しいですが、なにか期待以上ではなかっのがちょっと残念でしたね。

 

プログラミング教育の必修化

自分自身がプログラミングに興味を持ち、また中学生の子を持つ保護者としても、義務教育期間におけるプログラミング必修には賛成です。

「最近の若者はスマホの利用がメインとなっていてパソコンを使えない人も多い」と聞きますが、どんなデバイスにせよそれを動かしているのは基本的にはプログラムであり、実用的なソフトやシステム、または「ワンライナー」と呼ばれる、簡単な計算作業などで一時的に書き捨てる数行程度のコード(プログラムの命令文)まで、利用場面は様々です。

プログラミングを通じてコンピューターの動作の一端を垣間見たり、ネット通信の仕組みをほんのさわり程度でも学習したりすることは、仮想通貨流出事件でも大きな話題となったセキュリティー問題への意識の開花にもつながります。

将来的にシステムエンジニアのような進路を目指す道も拓けますし、そうはならなかったとしても職場のパソコンでちょっとしたコードを書くことが業務の助けとなることもあれば、音楽関係の仕事で作曲や編曲、デザイン関係なら画像の編集や加工など、プログラミングスキルがもたらす恩恵は分野を問わず様々な場面で見られます。

ひとくちにプログラミングといってもそれに使われる言語にはたくさんの種類があり、「覚えやすくて書きやすいけど実行性能は低い言語」、「複雑で難しいけど高性能なプログラムが書ける言語」など実に多彩です。

人間同士の言葉にも日本語や英語、フランス語にサンスクリット語など様々な言語が用いられるように、人間がコンピューターに命令を伝えるための言語もまた用途や役割によって豊富みたいです。

どの種類の言語でも基本的な命令内容などには共通するものが多く、それらのパーツをどこでどのように置くのかなど組み合わせを考えながら、完成形のプログラムを仕上げてゆく…といったパズル要素が多分にあるので、「成長期の子供への知育トレーニング素材」としてもプログラミングはいいのではないかと思っています。

頭脳教材として昨今流行りの将棋などと組み合わせれば、相乗効果で新しい成果の発見につながるかも知れませんね。

ひと昔前までは高価で難解だったコンピューターも、今や身近な存在になってきています。

札幌に住んでいる友達はもう札幌市プログラミング教室に通わせているみたいですね。

今後さらなるIT技術の発展によって人類にもたらされるであろう莫大なメリットを、ただ享受するにとどまらず自らの手で生み出せるような人材の発掘と育成に期待しましょう。