岐阜県に住む友人がわきが治療に行こうか迷っている…

こんにちは!

岐阜県に住んでいる私の友人がわきがに悩んでいて治療に行こうか迷っていると相談されました。

すごくデリケートなことなので親友である私に相談をしてくれたのですが、私としてはそこまで気にすることがないかなと思っていたんですが、彼女的にはそうでもないみたいなようで…色々と悩んでいたようです。

彼女は、服装もメイクもどちらかというと気をつかっているほう、だと思います。イメージ的には「きれいなお姉さん」といった感じなのですが、彼女いわく残念ながらワキガという事実は消せないということでした。

友人がワキガだと気付いたのは、高校生の頃。気付いた、というよりも母に指摘されたようで…。もしかして…と感じていた彼女はかなりショックを受けると同時に「なんとかせねば」と感じていたようでした。

ちなみにニオイを例えるならば、鉛筆の木のニオイ…。正直言ってかなり嫌なニオイなようです。自分で自分のニオイがわからない、という話もよく聞きますが、彼女の場合自分のニオイはわかるし嫌に感じなのだそうです。

だからわきが対策は基本的には欠かせないということでした。

基本的には、と書いたのには理由があって、朝バタバタしているとごくごくたまに制汗剤を塗り忘れてしまうことがあるんです。あってはいけないことなんですが、年に数日、出かけてから「あ!」と気付いて冷や汗が出てしまうことがあるみたいですね。

彼女も市販の制汗剤などを試してみたけど、逆に制汗剤のニオイがきつくて嫌になってしまったようで、それならわきが治療をしたほうがいいんじゃないかとずっと悩んでいたそうです。一時期は『岐阜県わきが治療』で病院に行こうかと思ったけど恥ずかしくて病院に行くことができなかったようです。

そんなことでいろいろと友人の悩みを聞きながらそんな思いがあったんだと他人の悩みってわからないものだなと思った出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です